ワイヤーベンダーを手作りしてみた。

店舗の商品を陳列道具(フックなど)を自作ってみたいなと思い、いろいろ調べていたら下のサイトにたどり着きました。

タイニーハウスピリオディカルズ

ワイヤーベンダーでワイヤーを曲げて、いろいろなインテリアを作っているみたい。

これは使える!

早速、ワイヤーベンダーを作ろうと思い立ち、ホームセンターへ行ってきました。
もちろん沖縄なのでDIYセンターメイクマンです。

羽子板ボルトの穴がちょうどM4のネジが通るので、M4ネジを用意しました。
(羽子板ボルトの穴をドリルで広げるのがめんどくさくて…はしょりました(笑))

※M4ネジより太いワイヤーを曲げるのであれば、上のサイトぐらいのネジ(ボルト)を用意する必要があります。
おそらくネジ(ボルト)のほうが負けて、ワイヤーを曲げることができないはず。

■最低限用意する材料
・羽子板ボルト × 2個
・M4皿ネジ(25mm) × 3本
・M4ナット × 5個

■用意する道具
・手袋
・インパクトドライバー
・六角軸面取りカッター(鉄に使用可能なもの)
・グラインダー
・モンキー(ペンチなどで代用可)
・プラスドライバー

まずは、インパクトドライバーに面取りカッターを装着します。
そして、羽子板ボルトの穴の面取りを行います。この面取りを行わないと、ネジの頭が出てしまいます。
そうなると、ワイヤーを曲げる際、ネジの頭が引っ掛かり、うまくワイヤーを曲げることができません。

※面取りの作業を行う際には、手袋を装着することをお勧めします。細かい金属片が皮膚に付着すると、払い落とす際に刺さり傷みを伴うことがあります。また、インパクトドライバーを使用するため、手袋がビットに巻き込まれないように注意してください。

次に、グラインダーで重ねる側の羽子板ボルトの羽子板部分を削ります。
画像は羽を削って、バリを取っている画像です。羽が削られているのがわかると思います。

※グラインダーがない場合は、インパクトドライバーに装着できるグラインダーの代用品があります。
危険ですのでケガをしないように注意して使用してください。

最後に組立てます。

 

完成です。先端が気になるので、私の場合、袋ナットをつけました。

 

早速、3.8パイの鉄の針金(ワイヤー)を曲げてみました。

 

おぉ、いい感じ!

きれいに曲げたいなら、この道具を使うほうがイイね。

でも、この太さくらいの鉄ならペンチで曲げることできるかも!!(笑)
ステンレス製のワイヤーなら、この道具は必須です。

カーテンレールランナー 追加・交換 

カーテンの片側のランナーの数は先頭のマグネットランナーと端のエンドキャップを含めて8~10個あります。ランナーはプラスチック素材なので紫外線などをうけると劣化し、破損しやすくなります。画像はエンドキャップから4個目と5個目のランナーが破損して使用できなくなっています。

こうなってしまうと、カーテンによってはランナーが不足してしまいますね。

ランナーは簡単に追加や交換が可能です。

【準備する材料】

・カーテンレールランナー

ホームセンターに行くと、カーテンレールのランナーを簡単に手に入れることができます。サイズ等があるので、購入するときは気を付けてください。特にランナーの滑車の部分のサイズに注意。レールに入らないこともあります。既存のランナーを外して、購入することをお勧めします。(エンドキャップはホームセンターではあまり見かけたことがないですが、Amazonや楽天などで購入できますよ。)

【準備する道具】

・プラスドライバー

【作業手順】

カーテンレールの端のエンドキャップにはネジがついていて、そのネジを弛めるとランナーを取り出すことができます。

既設のランナーをスライドして取り出して、新しいランナーを追加・交換します。
最後に、エンドキャップを戻して終了です。

最近では端のエンドキャップを外さなくても、ランナーをねじる感じで差し込むタイプの商品も出ています。