住宅のリフォーム費用や修繕費用の見積りの注意点

 住宅のリフォーム費用や修繕費用の見積を行う際の注意点を紹介したいと思います。

【事前に工事依頼内容を「まとめ」ましょう】

 まず、見積を取る前に、どこをどのようにリフォーム・修繕したいか、箇条書きでもいいのでまとめておきます。この作業はとても重要です。

 見積金額を比較するため複数の業者に見積依頼をすることをお勧めしますが、A社に依頼した内容とB社に依頼した内容が異なっていた場合、見積金額を比較することが難しくなります。なるべく同じ条件で複数の会社に見積り依頼ができるように、事前に工事内容を「まとめ」ておきましょう。

【比較のため2社以上の見積を取りましょう】

 緊急性のない工事の場合、 2社以上に見積依頼を行いましょう。工事費用の相場がわからない方でも2社以上の見積を取ることにより、工事金額を比較、検討することができるため、その工事の相場が見えてきます。多くの場合、お見積は無料ですので、遠慮なく複数の会社に見積依頼を行いましょう。

 経験上、屋上防水や外壁塗装は3社以上の見積を取ったほうがよいと感じます。塗料などの価格は金額に開きがあり、また施工方法もいろいろあるため、金額に大きな開きが生じやすいです。安いだけで工事を依頼すると、数年後にトラブルが発生してしまうかもしれません。

【見積内容をチェックしましょう】

 見積内容を確認し、依頼した内容が漏れていないことを確認しましょう。

 見積内容を確認せずに見積金額だけを比較して、安いA社に工事を依頼してしまうと?いざ工事が完了したら、依頼したはずの工事がされていない。あとあと見積を確認したら、見積内容に漏れがあり、 その工事費は別料金になってしまった。結果としてB社のほうが安かった。なんてことが起きてしまうかもしれません。

【リフォーム・原状回復・修繕のお見積りならピエスまで】

 以上、見積の際の注意点を書いてみました。参考になれば幸いです。

 弊社では見積内容について可能な限り詳細に記載し、わかりやすく説明することを心がけています。住宅やアパートのリフォーム、原状回復、修繕に関することなら、弊社までお気軽にご連絡ください。もちろん、合い見積もりでも、喜んで対応いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA