不動産売買 仲介料手数無料のメリット・デメリット

不動産売買で「売主様仲介手数料無料」や「買主様仲介手数料無料」という広告を出している不動産会社があります。

なぜ無料にできるのか疑問に思うかたもいるかもしれません?

この仲介手数料無料のメリット・デメリットを考えたいと思います。

※前置きしますが、仲介手数料を無料とするのは各社の経営判断なので、これを批判する目的で記事を書いているわけではありません。ご理解ください。

なぜ不動産売買で仲介手数料を無料にできる?


不動産売買の仲介では「片手仲介」と「両手仲介」という仕組みがあります。

片手仲介とは、売主様または買主様の”一方”から仲介手数料をいただく仲介となります。

両手仲介とは、売主様と買主様の”両方”から仲介手数料をいただく仲介となります。

詳細については下の記事を読んでいただけると幸いです。

不動産会社の経営判断によりますが、「両手仲介」取引では、売主様と買主様の両方から仲介手数料をいただくことができるので、どちらか一方を無料とすることができます。

売主様仲介手数料無料とした場合は、買主様から仲介手数料をいただくことによって、不動産会社の売上がたちます。また、買主様仲介手数料無料とした場合では、売主様から仲介手数料をいただくことによって、不動産会社の売上がたつことになります。

つまり、不動産会社は「両手仲介」であっても、「片手仲介」の報酬額で不動産売買を行うということになります。

不動産会社は、この「両手仲介取引」という仕組みがあるため、仲介手数料を無料とすることができます。

不動産売買における仲介手数料無料のメリット


メリット、デメリットは両手仲介取引に限っての話となります。

売主様のメリット


売主様が仲介手数料無料となると、売主様視点では、仲介手数料の支払がなくなった分、手元に残るお金が増えます。

買主様のメリット


買主様が仲介手数料無料となると、買主様視点では、仲介手数料の支払がなくなった分、安くで物件を買うことができます。

また、売主様の視点では、早めに物件を売却することがきます。

不動産会社のメリット


不動産会社が仲介手数料無料とするメリットは、売主様や買主様を募集しやすくなるということです。

売主様の仲介手数料を無料とすることで、物件の仕入れが容易になります。

不動産会社も売り物がないと売上が立たちません。

売主様の仲介手数料無料をうたうことによって、売主様にメリットを提供し、売却不動産を募集します。

また、買主様の仲介手数料を無料とすると、買主様を早くつけることができます。

物件を早く売って、売上をつくることができます。

不動産売買における仲介手数料無料のデメリット


このように、仲介手数料を無料とすることは、メリットだらけに見えますが、実はデメリットもあります。

売主様のデメリット


不動産の売却が長期化する可能性がでてきます。

不動産会社の視点では、売主様から仲介手数料をいただかないとなると、買主様からの仲介手数料が売上となります。

この状態で、他社が客付けするとどうなるでしょう?

買主様の仲介手数料を、元付業者と客付業者で折半することになります。

客付業者も嫌がりますし、元付業者も売上が落ちてしまいます。

客付業者は本来いただける仲介手数料の1/2となり、元付業者は両手仲介でいただける仲介手数料の1/4となります。

そのため、「不動産業界の闇」と言われる、「囲い込み」を行う業者がでてきます。

「囲い込み」とは自社の売り上げのために、なんだかんだと理由を付けて、客付けをさせない行為です。

売主様の視点では、元付業者の都合(売上)で、お客様をお断りしているということです。

本来、「囲い込み」は行ってはいけない行為ですが、まだまだ一部の業者では「囲い込み」を行っています。

売主様としては、仲介手数料無料はメリットのように見えますが、「囲い込み」が横行することになるため、デメリットにもなります。

買主様のデメリット


不動産会社の視点では、買主様から仲介手数料をいただかないとなると、売主様からの仲介手数料が売上となります。

買主様にメリットがあるように見えますが、客付業者は買主様に物件を紹介しなくなります。

売主様からの仲介手数料を折半することになるため、積極的には物件を紹介しない状況となります。

また、元付業者に「囲い込み」を行われてしまい、客付業者がお客様に物件を紹介することができない場合もあります。

不動産会社のデメリット


売主様、買主様のどちらか一方の仲介手数料を無料とすることは、売上が落ちることとなります。

とはいえ、不動産会社は売却物件がないと、売上もたたちません。

不動産会社はコンビニより多く、売却物件の募集はレッドオーシャン化しています。

売主様の仲介手数料無料とすることは、一般的な物販が安売りするのと同じ行為であり、経営戦略として「あり」です。

しかし、その後、囲い込みを行ってしまうと、信用を失ってしまうというデメリットがあります。

事業は「売上」と「信用」の両方が大切であり、片一方がダメになってしまうと、事業がうまくいかなくなります。

売上のために片方を無料とし、信用のために客付業者と折半すると、信用は失わないで済みますが、売上はたたなくなります。

また、売上のために囲い込みをすると、信用を失うことになり、売却物件をお預かりできなくなってしまう恐れがあります。

仲介手数料無料の経営戦略はありですが、長期的にみた場合は「悪手」なのかもしれません。

まとめ


仲介手数料を無料は売主様・買主様にメリットがあるように見えますが、不動産業界のキャッシュポイントを考えると、デメリットも見えてきます。

これは業界の仕組みを理解していないと見えてこないデメリットだと思います。

当たり前ですが、物を「売る・買う」ときは、目先のメリットだけに飛びつかず、デメリットも考え、自分が納得できる、一番いい方法を検討したですね。

ベターなのは、全てがWin-Winの関係となる、「売主様・買主様」が正規の手数料を支払い、「元付業者・客付業者」が正規の手数料をいただくという関係だと考えます。

不動産会社に支払う「仲介手数料が高い」と感じているかたがいましたら、下の記事を読んでいただけると幸いです。

関連記事

  1. 撤回できる?賃貸借契約の解除

  2. 不動産会社の媒介(仲介)取引の仕組み

  3. 売買の仲介手数料って高すぎる? 不動産売買の仕事内容と手数料

  4. 賃貸不動産と火災保険

  5. 賃貸不動産。データで考える空室対策

  6. 賃貸管理|口座分別管理|那覇市寄宮|合同会社ピエス

    賃貸管理会社による家賃等の管理方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


contact information

住所

〒902-0064 那覇市寄宮2丁目6-10
 

営業時間

(月)~(土) 10:00~17:00
 

定休日

日曜日、年末年始
 

連絡先

TEL:098-851-4456
FAX:098-993-7859
E-mail:info@piece-okinawa.com
 

MAP

ポータルサイト掲載情報